Google MeetのURL発行方法が一瞬でわかる!URL発行よりもっと簡単な方法も!

Riko Pinto
Riko Pinto
Product Manager at VoicePing

「Google MeetのURL発行方法をサクっと教えて!」という人に向けて、前置きはなしで画像で簡潔に解説します。

さらに、URLを発行することなく手軽にWeb会議ができてしまうおすすめツールも紹介。

日々、社内で頻繁にWeb会議をする人にとってはうってつけです。

この記事を読めば、Google MeetのURL発行方法を数分で理解でき、最新のツールも知ることができます。

1.  Google Meet (https://meet.google.com/)を開く

2.「新しい会議 を作成」をクリック

create-meeting
Google MeetからURLを発行・招待する方法

3.「次回以降の会議を作成」をクリック

next-meeting
次回以降の会議を作成をクリック

4. URL発行完了

5. コピーしたURLをチャット等で共有すれば招待完了

url-copy
コピーしたURLをチャット等で共有

今すぐ会議を行いたい場合のURL発行は、Google Meetを開いて「新しい会議をクリックした後に」

1.「会議を今すぐ開始」をクリック

start-meeting
「会議を今すぐ開始」をクリック

2. URL発行完了

3. 画面左下に出てくる会議リンクを「コピー・共有」するか「ユーザーの追加」で招待完了

add-user
「コピー・共有」するか「ユーザーの追加」

の流れになります。

 

豆知識
アドレスバーに「meet.new」と打てばGoogle Meetのホーム画面を経由せずに今すぐ会議を開始できます。

Google カレンダーからGoogle MeetのURLを発行・招待する方法

1. Google カレンダー(https://calendar.google.com/)を開く

2. 予定作成

3.「Google Meetのビデオ会議を追加」をクリック

publish-url
「Google Meetのビデオ会議を追加」をクリック

4. URL発行完了

5. 会議リンクをコピーして共有すれば招待完了

join-meet
会議リンクをコピーして共有

社内でGoogle カレンダーを共有しているなら、会議リンクをコピーする必要はありません。

Google カレンダーから直接Google Meetに参加できます。

豆知識
定期的なミーティングであればGoogle カレンダーで繰り返しの設定をすることで、毎回URLを発行する手間を省けます。

GmailからGoogle MeetのURLを発行し、招待する方法

1.  Gmail(https://mail.google.com/)を開く

2.  Gmailの左メニューバーの「会議を新規作成」をクリック

create-new-meeting
会議を新規作成

3.  URL発行完了

4. 以下3つの方法で招待する

  • 会議リンクをコピーしてチャット等で共有する
  • 「招待状を送信」をクリックしてGmailで招待状を送る
  • 「今すぐ開始」をクリックして、会議画面から招待する
invite
3つの方法で招待する

豆知識

「招待状を送信」のデフォルトの招待文は、機械的な文章で冷たい印象を与えるため、特に社外の人を招待する場合はご注意ください。

Google Meetでよくある疑問

URLの有効期限は?

Google MeetのURLの有効期限は「最後にそのURLでミーティングしてから365日経つまで」です。

つまり、週1や月1のミーティングで都度URLを発行・共有する必要はなく、固定のURLで使い回せるということです。

会議の時間制限は?

Google Meetの会議時間制限は「基本24時間」です。

無料版で3人以上のグループ会議をするときだけ「1時間」の時間制限があります。

 

無料版

Google Workspace Individual

Google Workspace Enterprise

1対1の会議時間制限

24時間

24時間

24時間

3人以上の会議時間制限

1時間

24時間

24時間

無料版の3人以上の会議で50分が経つと、「まもなく終了」の通知が届き、60分に達すると会議が終了します。

会議の人数制限は?

Google Meetの最大参加可能人数は「100人」です。

参加人数を101人以上に増やしたい場合は月額制の有料プランを契約する必要があります。

 

無料

Business Starter

Business Standard

Business Plus

Enterprise

最大参加可能人数

100人

100人

150人

500人

500人

会議コードはどこ?

Google Meetの会議コードは「https://meet.google.com/○○○-○○○○-○○○」の末尾アルファベット10桁です。

meeting-code
Google Meetの会議コード

有料版はいくら?

Google Meetの有料版は「月額680円〜」です。

 

Business Starter

Business Standard

Business Plus

Enterprise

月額(税抜)

680円

1,360円

2,040円

要問い合わせ

登録可能ユーザー数

300人

300人

300人

無制限

会議の人数制限

100人

150人

500人

500人

クラウドストレージ

30GB/人

2TB/人

5TB/人

拡張可能

毎回URL発行・共有は非効率的

Google MeetのURLを毎回発行して・共有するのは、非効率的です。

Web会議する際には必ず必要な工程で避けては通れません。

しかし、Web会議をする頻度が多ければ多いほど、気付かぬうちに時間を奪われ生産性を落としてしまいます。

特に、テレワークで「ちょっといいですか」と、簡単な事項だけどテキストでは伝えにくい内容について話したい場合、その都度URL発行・共有は手間のかかる作業です。

リアルオフィスであれば数十秒で終わることが、Google MeetだとURL発行・共有があることで少なくとも数分はかかってしまいます。

URL発行が不要な仮想オフィスツール

URL発行が全く必要ない「仮想オフィス」という最新のツールがあります。

仮想オフィスとは、2次元や3次元のメタバース空間上のオフィスに社員のアバターが表示されるツールです。

URL発行が不要のため、社内メンバー同士で頻繁に行うミーティングにはうってつけです。

仮想オフィスツールの3つのメリットを解説します。

  • URL発行せずに即ミーティング開始可能
  • メンバーの業務状況が可視化できる
  • テレワークでの孤独感・不安感が減少する

URL発行せずに即ミーティング開始可能

仮想オフィスでは、最短数秒でミーティングが始められます。

なぜなら、URL発行が不要どころか、「Google Meetいいですか?」などのチャットも必要ないからです。

仮想オフィスでは「ステータス」が表示されます。

  • 緑(会話OK)
  • 赤(取り込み中)

相手の状況がパッと目に入ってくるため、チャットでミーティングの許可を取る工程が必要ないのです。

また、仮想オフィスで実際にミーティングをするには以下のような方法があります。

  • アバターをワンクリックするだけ
  • アバターを重ねるだけ
  • メンバーの名前をクリックするだけ

「相手のステータスを確認して、ワンクリックするだけ」でミーティングができます。

具体的に、「気軽な相談がしたい」と思ったときのGoogle Meetと仮想オフィス(VoicePing)のクリック数と秒数を比較してみました。

 

 

Google Meet

仮想オフィス

(VoicePing)

ミーティング開始までの「クリック数」

7クリック

1クリック

6クリック

ミーティング開始までの「最速秒数」

40秒

3秒

37秒

Google Meetに関して、実際には「Meetいいですか?」のチャット返信待ちの時間も上記の秒数に加算されます。

対して、仮想オフィスは相手が「声かけOK」の状態であれば、最速2秒で気軽なミーティングが開始できるのです。

メンバーの業務状況が可視化できる

仮想オフィスツールの使用で、たとえテレワークでもメンバーの業務状況が可視化できます。

理由は、起動中のアプリが表示されたり、どのプロジェクトを進めているかが分かるからです。

仮想オフィスツールによって業務状況の可視化の手段は様々あります。

  • アバターのつぶやき(吹き出し)「営業資料作成中」
  • 看板・オブジェクトの設置「急いで動画編集中!」
  • ひとこと設定「Webデザイン製作中」
  • タイムトラッキング機能「新規事業プロジェクト進行中」

テレワークでも、「今、誰が何をしているか」が一目でわかるのです。

 

また、バーチャルオフィス上の「どこにいるのか」でも業務状況が可視化されます。

  • 会議室にいるのか
  • 休憩室にいるのか
  • 作業スペースにいるのか

仮想オフィスの中にはオフィスをカスタマイズできるものもあるため、自社に合ったオフィスを作成できます。

テレワークでの孤独感・不安感が減少する

仮想オフィスツールを使うと、テレワークでも「一緒に働いている感覚」が得られます。

なぜなら、物理的に離れていても心理的な距離を近づけられるからです。

例えば、仮想オフィスでは「出社(ログイン/アプリの起動)」ができます。

出社して「おはようございます!」と言える人がいたり、「暑いですね!」と他愛のない会話ができるのです。

また、仮想オフィスは「ずっと起動したまま」を前提に作られているため、いつでも気軽に声をかけられます。

入社したばかりの人でも、「困っていることありませんか?」と周りに声をかけてもらうだけで孤独感・不安感が減少します。

URLの発行が不要な仮想オフィスツール3選

URL発行が必要ない仮想オフィスツールを3つ紹介します。

  • VoicePing
  • FAMoffice
  • oVice

どの仮想オフィスツールを使っても同じ効果が得られるわけでなく、それぞれの企業に合った仮想オフィスがあります。

3つの仮想オフィスツールについて詳しく解説します。

VoicePing

vp
出所:https://voice-ping.com/

 

VoicePing

プラン

無料

スモール

プレミアム

エンタープライズ

月額/1スペース(税抜)

永久無料

¥7,500

¥20,000

¥500/人

登録可能人数

5人

15人

50人

無制限

無料トライアル

2週間

初期費用

¥0

特徴

  • 41ヶ国語対応のリアルタイム音声翻訳・文字起こし

  • タイムトラッキング機能で業務状況を可視化

  • 「自動」録画機能

VoicePingは、2020年11月にサービスを開始した仮想オフィスツールです。

特筆すべき点は「チームのパフォーマンスを可視化できること」です。タイムトラッキング機能により、プ

ロジェクトごとにかかった個人の作業時間がわかります。

プロジェクトはマネージャーが事前に設定でき、業務状況を元に事業計画を練り直したり、予算計画を立てたりできます。

また、個人が作業時間を測ることで日々の業務の効率化を意識するようにもなり、結果としてチーム全体の生産性向上につながるのです。

また、41ヶ国語に対応しているため、言語の壁によるコミュニケーション量の減少を防げます。

雑談のハードルが下がるだけでなく、ミーティング中の確認作業が減るため、日々のWeb会議の時間削減にも貢献してくれます。

FAMoffice

famoffice
出所:https://www.famoffice.jp/

FAMoffice

 

100ID未満

100ID以上

月額(税抜)

30,000円

300円/人

月額(税抜)

(資料共有システムあり)

35,000円

350円/人

登録可能人数

100人

50人単位で追加可能

無料トライアル期間

1ヶ月(32IDまで / 1フロアまで)

初期費用

100,000円

オプション

通信料追加:1,000円(10GB単位、月毎に追加)

フロア追加:10,000円(1フロア150人まで利用可能)

特徴

  • つぶやき機能

  • 自席設定・席札

  • ポップアップ看板

FAMofficeは、富士ソフトが2021年6月にリリースした仮想オフィスツールです。

特徴は「つぶやき機能」と「自席設定」があること。

「つぶやき機能」とは、アバターの上に吹き出しでコメントが表示される機能のことです。

例えば、「13:00からお客様対応」や「資料作成中」などを各メンバーが書くことで業務状況が可視化できます。

また、「夏バテ中…」や「髪切った!」などをつぶやきに設定すれば、テレワークで失われがちな雑談のきっかけにもなります。

「自席設定」は、仮想オフィス上に自分の席を設定できる機能です。

離席中は席に席札が置かれ、サインイン時刻が表示されます。

自席設定をすることで、オフィスを見渡した時に一目でメンバーの出退勤状況を把握できるのです。

oVice

ovice
出所:https://ovice.in/ja/

oVice

プラン

Basic

Standard

Organization

月額(税抜)

¥5,000

¥20,000

¥50,000

無料トライアル

14日間

初期費用

¥0

最大接続人数*

50人(推奨10人)

200人(推奨40人)

500人(推奨160人)

スペースサイズ

1200×640px

2400×1280px

4800×2560px

特徴

  • 200個以上の空間デザイン

  • データダッシュボードにより活動状況を可視化(オプション)

  • Microsoft Teamsとステータスが連携

*推奨人数はオフィスとして利用した場合

oVice(オヴィス)は、2020年8月に提供を開始した2次元の仮想オフィスツールです。

オフィスのカスタマイズ性に富み、複数のフロアを「1階、2階、3階…」と見立ててビルにすることもできます。

また、「業務状況の可視化」にも優れています。

オプションで月額5,000円/スペース(税抜)の「データダッシュボード」を付けることで、5つの活動データが取得可能です。(2022年7月19日時点)

  • デイリーアクティブユーザーグラフ
  • マンスリー・ウィークリー・デイリーアクティブユーザー数
  • 平均oVice滞在時間
  • チャット送信回数
  • 会議室利用回数

さらに、Microsoft Teamsとの連携を活用すると、Teamsで設定したステータスがoVice上にも反映されます。

Teamsで会議中の時はoViceのアバターにも表示されるため、アバターのアイコンを見るだけで業務状況がわかるのです。

Google MeetでURL発行が面倒だと感じるなら、仮想オフィスの検討を!

Google MeetのURLを「3つの媒体から」発行する方法を解説しました。

  • Google Meetから
  • Google カレンダーから
  • Gmailから

画像通りに手順を踏めば誰でもURLが発行できるようにまとめてあるので、困った際はまた見直してみてください。

もし、Web会議の頻度が多く、URL発行・共有がめんどくさいと感じる人は仮想オフィスツールの使用をおすすめします。

数秒でミーティング開始できるだけでなく、テレワークで起こりがちなコミュニケーション量の減少や孤独感・不安感の解決にも貢献してくれます。

多くの仮想オフィスツールは無料トライアルを提供しているため、まずはお試しで使ってみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Articles