リモートチーム用
のAIバーチャル
ワークスペース

ワンクリックで気軽に音声・ビデオ会議を開始でき、最先端AIを利用した自動文字起こしと自動翻訳が会議の生産性を高めます。チームメンバーの稼働状況をリアルタイムに可視化しつつ、経費精算・勤怠管理ツールとしても利用可能です。

完全無料 クレジットカード登録不要
利用規約プライバシーポリシーに同意の上お進み下さい。

リモートチーム用
のAIバーチャル
ワークスペース

ワンクリックで気軽に音声・ビデオ会議を開始でき、最先端AIを利用した自動文字起こしと自動翻訳が会議の生産性を高めます。チームメンバーの稼働状況をリアルタイムに可視化しつつ、経費精算・勤怠管理ツールとしても利用可能です。

完全無料。 クレジットカード登録不要

利用規約プライバシーポリシーに同意の上お進み下さい。

VoicePingでリモートチームの生産性を高めませんか?

VoicePingの機能

10秒以内にオンライン会議スタート

音声チャンネルに社内のメンバーをワンクリックで招待できるので、リアルタイムにいつでもオンライン会議を始めることができます。

リアルタイムに議事録を作成

音声チャンネル内での会話は、高性能音声認識AIによってリアルタイムに文字起こしされます。会議中にもリアルタイムで会話の内容を確認できるので、大事な会話を聞き逃したりすることもなくなります。

最先端AIによるリアルタイム翻訳

VoicePingはチーム内の言語の壁も取り除きます。音声チャンネル内部での文字起こしもリアルタイムに翻訳可能です。海外メンバーの英語の文字起こしをしながら、リアルタイムに日本語に翻訳し、同時に2つの言語を表示することも可能です。

Slackとのシームレスな連携

文字起こし・翻訳された音声チャンネルの会話を、Slackのチャンネルにリアルタイムに転送することができます。会議に参加しているメンバーはもちろん、未参加のメンバーもSlack上で会議の内容をリアルタイムにテキストベースで確認できます。後からSlackのテキスト検索で会議の内容を振り返ることも可能です。

全メンバーの稼働状況を一目で確認

メンバーは自分が今どんな仕事をしているか、稼働状況を共有できます。稼働状況や作業中のアプリのアイコンを、リアルタイムにメンバーがお互いに確認でき、同じオフィスで仕事をしたとしても得られないような、バーチャルオフィスならではの生産性の高いコミュニケーションを実現できます。

経費精算・勤怠管理もサポート

管理者メンバーは、チームの全メンバーの稼働状況をいつでも確認できます。日々の実稼働時間を秒単位の高い精度で自動計算できるので、経費精算や勤怠管理としても利用可能です。

10秒以内にオンライン会議スタート

音声チャンネルに社内のメンバーをワンクリックで招待できるので、リアルタイムにいつでもオンライン会議を始めることができます。

リアルタイムに議事録を作成

音声チャンネル内での会話は、高性能音声認識AIによってリアルタイムに文字起こしされます。会議中にもリアルタイムで会話の内容を確認できるので、大事な会話を聞き逃したりすることもなくなります。

最先端AIによるリアルタイム翻訳

VoicePingはチーム内の言語の壁も取り除きます。音声チャンネル内部での文字起こしもリアルタイムに翻訳可能です。海外メンバーの英語の文字起こしをしながら、リアルタイムに日本語に翻訳し、同時に2つの言語を表示することも可能です。

Slackとのシームレスな連携

文字起こし・翻訳された音声チャンネルの会話を、Slackのチャンネルにリアルタイムに転送することができます。会議に参加しているメンバーはもちろん、未参加のメンバーもSlack上で会議の内容をリアルタイムにテキストベースで確認できます。後からSlackのテキスト検索で会議の内容を振り返ることも可能です。

全メンバーの稼働状況を一目で確認

メンバーは自分が今どんな仕事をしているか、稼働状況を共有できます。稼働状況や作業中のアプリのアイコンを、リアルタイムにメンバーがお互いに確認でき、同じオフィスで仕事をしたとしても得られないような、バーチャルオフィスならではの生産性の高いコミュニケーションを実現できます。

経費精算・勤怠管理もサポート

管理者メンバーは、チームの全メンバーの稼働状況をいつでも確認できます。日々の実稼働時間を秒単位の高い精度で自動計算できるので、経費精算や勤怠管理としても利用可能です。

VoicePingは次のデバイスで

Mac

Windows

Linux

リモートチームの
生産性をさらに向上

VoicePingはメンバーの日々の詳細な
稼働状況をリアルタイムに可視化

業務委託 または フリーランス向けの勤怠管理

作業中のアプリ自動検出機能

音声認識・AI翻訳 技術が 会議の議事録作成を完全自動化

AIを活用した音声文字変換

業務委託 または フリーランス向けの
勤怠管理

作業中のアプリ自動検出機能

心地よい音声通話も ワンクリックで開始

透き通るほど明瞭な音声。独自のノイズ処理

勤怠管理にも活用できる シンプルな作業日誌

プロジェクトの予算管理に活用

心地よい音声通話も
ワンクリックで

透き通るほど明瞭な音声
独自のノイズ処理

勤怠管理にも活用できる
シンプルな作業日誌

プロジェクトの予算管理にも活用

音声認識・AI翻訳 技術が 会議の議事録作成を完全自動化

AIを活用した音声文字変換

リモートチームに最適なプランを選択

フリー

チーム稼働に必要な要素を凝縮

$0

1つのワークスペース

5ユーザーまで

プレミアム

チームの働き方改革を強固に

1つのワークスペース

100ユーザーまで

500円/月

エンタープライズ

高度なセキュリティ、お客様に
合わせた柔軟なサポート

$ASK

無制限のワークスペースと

 無制限のユーザー

VoicePing
セキュリティポリシー

情報セキュリティには
妥協しま せん

顧客のデータを安全に保つことは、VoicePingの絶対的な最優先事項です。私たちの目標は、アプリケーションのパフォーマンスと全体的なユーザーエクスペリエンスに留意しながら、不要な情報漏洩リスクを気にせず、リモートチームの生産性を向上させることを
ミッションとしています。

情報セキュリティには
妥協しま せん

顧客のデータを安全に保つことは、VoicePingの絶対的な最優先事項です。私たちの目標は、アプリケーションのパフォーマンスと全体的なユーザーエクスペリエンスに留意しながら、不要な情報漏洩リスクを気にせず、リモートチームの生産性を向上させることを
ミッションとしています。

エンドーツーエンド
(End to End)の
セキュリティ

エンドーツーエンド(End to End)のセキュリティ

VoicePingアプリは、AWS CloudFrontを使用して、AmazonWeb Services(AWS)上のサーバー群でアプリケーション環境を提供し、エンドーツーエンド(End to End) のセキュリティおよびプライバシー機能が組み込まれています。すべてのデータはAWS RDS Mysql上のデータベースにあり、完全かつ安全に暗号化されます。オーディオとビデオのストリーミングデータは、DTLS 1.2を使用してクライアント側とサーバー側の間で暗号化されます。 AWSのセキュリティに関する追加のより具体的な詳細については、https://aws.amazon.com/security/ をご覧ください。

VoicePingに関する
あらゆる最新情報はこちらから

Posted inJapanese Blog

在宅ワークで生産性を高める!
オンオフの切り替え5つのポイント

フリーランスなど個人事業への人気の高まりや新型コロナウイルス対策としての在宅勤務など、働き方の多様性が増すに伴い、在宅ワークやリモートワーク、テレワークといった言葉が広く認知されるようになりました。 リモートワークを一度でもしたことがある人は、「出勤することなく、自由に1日の仕事をカスタマイズできる!」という在宅ワークの快適さとともに、自宅で生産的に仕事をすることがいかに難しいかを痛いほど知っているでしょう。「モチベーションが出ない」「集中できない」その結果、「効率が悪い」こんな悪循環に陥ってしまうケースもよく耳にします。 今回は、実際に在宅でライティング業を行う筆者が、家にいながら効率よく仕事をするためのポイントを5つまとめました。   在宅ワークのカギ、それはオンオフの切り替え 在宅ワークの生産性を高めるカギ、それは「オンオフの切り替え」にあります。私生活を営む自宅という場所で仕事をするからこそ、自分がオンオフを切り替えやすい環境を意識的に用意することで、集中力や生産性を高める必要があるのです。   自宅でオンオフを切り替える5つのポイント 1. 仕事をするためだけの場所、ワークスペースを設定する 居心地がいいはずの自分の家で「いざ仕事を始めよう」と思っても、仕事をするのに適した場所が見つからない…ということはありませんか?家で仕事をするからと言って、ダイニングやリビングなど、普段の生活スペースで仕事をするのは禁物。なぜかというと、こうした場所は単純に「仕事のための場所」ではないからです。普段生活をする空間には、読みかけの本やテレビなど、数々の誘惑があふれています。どこで仕事をするのにも言えることですが、「いかに集中力を高めるか」が生産性を高めるためのポイント、そのためには、メリハリのある仕事空間を意識的に作ることが重要です。 在宅でライティング業を行う私も、独立したてのころは「なんとなく」リビングのテーブルで仕事をしはじめ、メイクもランチもパソコンの傍らで…という時期がありました。しかしこれを続けると、しだいに仕事中の集中力がそがれていくだけでなく、リラックスできていたはずのプライベート空間までもが仕事に染まっていくような感覚に陥っていくことに気が付きました。集中できる場所もなければ、心落ち着く場所もなくなっていってしまったのです。 快適に生活し続けるためにも、在宅ワークをすることが決まったら、具体的には下記のような点に気をつけて、まずはワークスペースを設定することから始めましょう。 仕事のためだけの部屋や空間を設定する。もし難しければ、ビジネスエアポートなどのコワーキングオフィスを利用する。 明るい場所、できれば時間感覚が掴みやすい自然光の入る場所を選ぶ。

Posted inJapanese Blog

音声活動検知による音声合成の使用量とコストの削減

この記事では、VoicePingでのSpeech to Textの実装の詳細と、開発者がどのようにしてクラウドサービスから最高の効率を引き出すことができたのかをご紹介します。 VoicePingは機能満載で、リモートチームにとって理想的なソリューションです。現在、VoicePingの1年分のプレミアムサービスを無料で提供しています。https://voice-ping.com/ までお越しください。 アブストラクト ゼロからSpeech-to-Textを実装し、良好な認識結果や精度を得ることは非常に困難です。そのため、多くの企業や開発者は、すでにSaaS型ソリューションを提供している既存のプロバイダーを選択し、優れた結果を出しており、さまざまな言語に対応しています。 使い方次第では、「使った分だけ支払う」という課金方法を採用しているため、安価なソリューションになるかもしれませんが、これは使いすぎると高くつく理由でもあります。使い方や量にもよりますが。 この記事では、VoicePingで使用している、ユーザーの会議音声にSTTを適用する際の高額なコストを削減するための戦略をご紹介します。これは、会議ではほとんどのユーザーが聞き役に徹し、ほとんど発言しないという事実に基づいています。この戦略は、VAD(Voice Activity Detection)ライブラリを使用して、この無音の音声がサービスに流れないようにすることに基づいています。 また、このような戦略を実行する際に直面したすべての問題をどのように解決したかを紹介します。 はじめに Speech-to-Text(STT)は、自動音声認識(ASR)とも呼ばれ、YouTubeで行われているような字幕の自動生成や、Siri、Alexa、Cortanaなどのパーソナルバーチャルアシスタントなど、多くのユースケースがある機能で、この素晴らしい機能を利用した音声対応アプリケーションは数多くあります。 VoicePingでは、会議中に私たちが話している間にリアルタイムで文字起こしを表示し、その文字起こしの上にリアルタイムで翻訳を表示することを可能にしています。また、Slackワークスペースの公開または非公開チャンネルに自動的に同期するように設定することで、社内の仕事上の議論で発生したすべてのコミュニケーションを安全に記録することができます。

Posted inJapanese Blog

VoicePingとZoomを徹底比較
ビデオ通話以上のサービス

コロナパンデミック下、Zoom人気の拡大とともに聞かれるようになった「Zoom疲れ」という言葉。その疲労感を実感する人も多いのではないでしょうか。 利用率が上がったからと言って、必ずしもZoomが「優れたツール」だとは限りません。Zoomの急速な広がりは、「他者との間に距離を置かざるを得なくなった」状況を背景に、たまたまこうした「同期型コミュニケーションツールが必要とされた」ことによるものなのです。 VoicePingとは? VoicePingは、音声通話やビデオ通話、ワークスペース、またタイムトラッキング機能など、リモートワークを行うチームに必要不可欠な機能をすべて備えたオールインワンソリューションです。 Zoomとは? Zoomは、かねてから提供されてきたビデオ通話プラットフォームで、機能は比較的充実しています。セキュリティ上の問題から、大企業での使用には向かないかもしれませんが、小規模なビジネスの場においては無料版でも十分に活用できるでしょう。 VoicePingとZoomを徹底比較 ビデオ通話ツールを選ぶポイントは、「使いやすさ」、多数のユーザーが参加する際に問われる「信頼性」、そして「コスト」の3点です。   使いやすさ A. ZoomZoom最大の弱点、それが「使いやすさ」です。「メンバーと今すぐに話したい!」そんな時、Zoomはあまりおすすめできません。 Zoomで会議を始めるには、 ミーティングを開始する。⇢リンクをコピーし、メンバーに送る。⇢願わくば、各々がオンライン状態で同時にミーティングに参加できる。⇢もしそうでなければ、全員が都合がつく時間をなんとか見つけ、手動でスケジュール変更しなくてはならない。 こんなステップを経なければなりません。

オンデマンドデモ
&
24時間365日サポート

過去12か月の
99.99%の稼働率

セキュリティ
&
プライバシー対策

オンデマンドデモ & 24時間365日サポート

過去12か月の 99.99%の稼働率

セキュリティ & プライバシー対策

無料で始める

無料で始める