ビデオ通話以上のサービスとは
VoicePingとZoomを徹底比較!

Akinori Nakajima
Akinori Nakajima
CEO at VoicePing

コロナパンデミック下、Zoom人気の拡大とともに聞かれるようになった「Zoom疲れ」という言葉。その疲労感を実感する人も多いのではないでしょうか。

利用率が上がったからと言って、必ずしもZoomが「優れたツール」だとは限りません。Zoomの急速な広がりは、「他者との間に距離を置かざるを得なくなった」状況を背景に、たまたまこうした「同期型コミュニケーションツールが必要とされた」ことによるものなのです。

VoicePingとは?

VoicePingは、音声通話やビデオ通話、ワークスペース、またタイムトラッキング機能など、リモートワークを行うチームに必要不可欠な機能をすべて備えたオールインワンソリューションです。

Zoomとは?

Zoomは、かねてから提供されてきたビデオ通話プラットフォームで、機能は比較的充実しています。セキュリティ上の問題から、大企業での使用には向かないかもしれませんが、小規模なビジネスの場においては無料版でも十分に活用できるでしょう。

VoicePingとZoomを徹底比較

ビデオ通話ツールを選ぶポイントは、「使いやすさ」、多数のユーザーが参加する際に問われる「信頼性」、そして「コスト」の3点です。

 

使いやすさ

A. Zoom
Zoom最大の弱点、それが「使いやすさ」です。「メンバーと今すぐに話したい!」そんな時、Zoomはあまりおすすめできません。

Zoomで会議を始めるには、

ミーティングを開始する。⇢リンクをコピーし、メンバーに送る。⇢願わくば、各々がオンライン状態で同時にミーティングに参加できる。⇢もしそうでなければ、全員が都合がつく時間をなんとか見つけ、手動でスケジュール変更しなくてはならない。

こんなステップを経なければなりません。

 

B. VoicePing

VoicePingでメンバーを招待する。

使いやすさが第一に考えられたVloicePingは、とても簡単に操作が可能。「今、誰が何の作業をしているのか」すぐに確認でき、リアルタイムで(そして文字通りワンクリックで)、通話リクエストを送信できます。

「リンクをコピペする」といった面倒な作業は一切必要ありません。

また、発言はリアルタイムでテキスト化されるため、メンバーが何を言っているのか聞きもらすこともありません。さらにSlackと同期し、この「発言記録」を議事録として保存も可能。過去のミーティング内容をいつでも振り返ることができます。

 

信頼性

A. Zoom

Zoom 荒らし・Zoom爆弾

「信頼性」について語られることが多いZoomですが、それは決していい意味で…ではありません。特にパンデミック後、Zoomユーザーが一気に増加したことで、かねてからZoomが抱えていたバグが頻繁に報告されるようになりました。突然第三者がミーティングに侵入してきたり、個人情報悪用の可能性が指摘されるなど、いわゆる「Zoom荒らし」や「Zoom爆弾」と呼ばれるような現象が多々見られ、通話ツールとしての信頼性には疑問が残ります。

 

B. VoicePing

VoicePingは、企業間のやりとりなビジネスユースに焦点を置いたスタートアップ企業とあり、ツールの信頼性にも自信があります。通話参加ユーザー数に限りがないだけでなく、サーバーの置き場所も管理者が細かく管理できるようになっています。

日本を拠点とする企業であれば、メディアサーバーを東京に置くことでよりスムーズな通話の実現が可能。こうしたきめ細かい管理サービスを提供する企業は非常に少ないです。

 

コスト

A. Zoom

有料スタータープランであっても、通話に参加できるメンバーは100人までと制限があります。さらに、「ミーティング1回につき40分」という時間制限は大きなデメリット。(40分経過したところで会議の腰を折られ、再度セッティング。そこからもとの会議の流れに戻ろうとする…、そんな労力を考えてみてください。)

B. VoicePing

本記事執筆現在、VoicePingはエンタープライズレベルのサービスを、1年間無料で提供しています。ご登録は app.voice-ping.com から!

VoicePingは「フリー」「プレミアム」「エンタープライズ」という3プランを提供しています。

VoicePingでプランをアップグレード

VoicePingは、プランに関わらずミーティングに時間制限がありません。出勤時間内ずっとメンバーとつながった状態で会話し続けることも可能。もちろんミュートに切り替えるのも簡単です。

この3プランの違いは、「ワークスペースあたりのユーザー数」と、「テキスト化できる通話音声時間」という2点のみ。通話機能の音質や画質に差はなく、フリープランであっても、エンタープライズプランと同じく、ハイクオリティの通話を実現します。

ビデオ通話以上の価値

いくつもの製品に予算を割き、さらにそうしたツールの使い方を都度覚え使いこなさなくてはならない…そんな手間は、できれば誰しも避けたいものでしょう。

メンバー入れ替え時の対応、日々の仕事状況の把握など、ひとつのツールですべてを管理できる。それがVoicePingが提供するサービスです。

ビデオ通話はVoicePingが提供する数あるサービスのひとつに過ぎず、メンバーの稼働状況の把握や、テキストチャットなどの非同期型コミュニケーション、議事録としての役割を果たす通話記録、最新のノイズ除去機能など、可能な限りユーザーが利用しやすいようにデザインされています。

VoicePingは、たったひとつのツールで実にさまざまな役割を果たしてくれる、そんな万能なソリューションです。

Related Articles